昔から現在まで男女の友情というものはありえるのか?という話題は繰り返されて誰もが経験することだとおもいますが、実際のところ答えという答えは出ていません。これには理由があり、そもそもの友情の定義とか何なのか?というところに起因しています。

例えば男女の友情と同性の友情は別物なのか?同じものでただ性別が違うだけなのか?など友情というものに関する定義が個人により大幅に変わってくる為、答えが出ないのです。男女の友情というものはありえるもので、そこから恋愛関係や男女関係に発展してしまった、またはその可能性があるものは友情でないと定義するならば、男女の友情はありえません。

これは生物である時点での絶対的なことであります。性別が違う以上、求め合うもので、友達だからそんなことはありえないというのは、ただ自分のタイプでなかったり、周りの評判などを気にしてそういう関係に発展しないだけである。そういった意味で男女の友情というのはとても希薄なものであり、実際そこから発展しないのであれば、そこまでの関係といえる。

昨今は男も女も関係なく接するのが、スマートという考えに偏っているので、自分のプライドのために演じている人が多くなってきている現状です。
スマートに出会えたらいいのに→千葉県のバツイチ向け婚活情報