夢を見ました。暗い部屋にいる夢を見ました。知らないところで、どこにいるのかは分かりませんでした。知らないところにいる夢の意味は、今ある生活に変化を求めていたり、これから先のことを模索している状態のようです。その夢の場所によい印象をもてたなら、新しいよい変化が訪れそうです。その場所に嫌な印象を受けた夢なら、この先のことや将来に漠然とした不安をもっているのかもしれないそうです。

これについて、少し当たっているかも知れないと思いました。暗い部屋にいる夢の意味は、気持ちの不安定さや不運を表す可能性があるそうです。自分の部屋が暗い夢、暗い部屋にいる夢などは、精神的に不安定である可能性があるみたいです。

暗い部屋に自ら入る夢であれば、新しいことへの挑戦などのやる気がみなぎっていることを表すそうです。少し当たっているところもありました。そして、しばらくしてからパンを少し食べました。クリームデニッシュというパンを食べました。そして、晩ごはんを食べました。中に刻んだ玉ねぎが入っている玉子焼きとおでんを食べました。

刻んだ玉ねぎが入っている玉子焼きは、他のところにはない玉子焼きなんですが、すごく久しぶりに食べました。味がちょうど良かったです。おでんは、すり身を魚を天ぷらにしたのと、ちくわとこんにゃくと牛肉を食べました。おでんもすごく久しぶりに食べました。

今回も途中でお腹いっぱいになってしまいました。しかし、せっかく作ってくれているので最後まで食べました。そして、22時くらいから放送されていたバラエティー番組を見ました。最初は、ゲストに料理を食べてもらうコーナーからやっていました。今回は、オリンピックに出た人が出ていました。

そして、夜遅くから放送されるバラエティー番組を見ました。最初は、夏のローカルニュースについてやっていました。まずは、ある犬が出ていました。倒れていた人を助けたそうです。そして、犬が嫌いな人が助けてくれるかどうかを確かめていました。