婚活をしていた時は、本当に色々な恋愛を経験しました。

今思い返すと、それは恋愛ではなく執着していた面もあったのかなと考えてしまいます。

自分から好きになると、その人に向かって猪突猛進。駆け引きなど全くしないタイプです。

今でも、好きだったなぁと思い出してしまう人がいます。結婚をしていたらうまくいってなかったのかもしれないけれど、

それでも私にとっては好きな人だったなぁと。

その人と出会ったのは、一人暮らしをしていた私の家でホームパーティをすることになり、友人がそこに連れてきたことが始まりでした。

彼女と別れて3ヶ月だという彼は、私にとっては最初からストライクのタイプの人でした。

独特の色気を持っていて、そこにはまってしまった私はどうにか連絡先を聞けないか友人に問いただしました。

答えはもちろんOK、後日連絡先交換後に飲みに行く約束をしました。

同級生とは思えない落ち着きに、私は更にはまってしまい、彼も別れた直後とあってかその気になってくれていい雰囲気になってきました。

数回デートを重ねるうちに、これはお付き合い出来るかなーと淡い期待を寄せ始めました。

だけど、ちらちら見える元カノの影。長年付き合ったそうなので、やはり忘れることができなかったようです。

突然連絡が途絶え、友人からよりが戻ったと聞きました。しかも、私からの連絡がいつか復讐に変わるのではと思われていると。

そこまで聞いて、私は確かに好きだった。でも突然連絡しなくなるような男性にいつまでも執着はしないと笑いが込み上げてきたのです。

思い返せば、今でも好きだったなぁと思える人。今どんな家庭を築いているのか、興味本位であってみたいとは思います。
今度こそ⇒料理教室に出会い目的で行っても大丈夫?婚活中の男女に人気って本当?(http://braintumourresearchportsmouth.org/