娘の小学校の授業参観に行きました。今まで見過ごされていた発達障害や学習障害の認識がだんだん広がってきています。そのため、娘の小学校も特別支援学級が2クラスだったのが3クラスになりました。去年までは通常学級だった子供が、特別支援クラスに通うようになった子供もいます。

https://visual.ly/users/dupurdevor12/portfolio

一番に考えるのはその子供のためであるかどうかだと思います。発達障害、学習障害は子供によって状態もバラバラだし、出来る事と苦手なことが違うようです。ちょっと騒いだだけで、「発達障害」って疑われるのもおかしいし、他の子供に迷惑をかけている子を放置しているのもおかしい。もっとひとりひとりの子供のことを十分に見た上で、その子にあった教育の仕方を考えたほうが良いと思います。

多動としか思えない子供が放置されているのも気になります。悪ふざけのしすぎる子は、どっちなんでしょうか。通常学級でも指導の仕方で落ち着くのでしょうか。

娘のクラスにも特別支援クラスと通常学級の両方行き来している児童がいます。娘はごく自然に受け止めているようです。特別支援クラスに所属している子はうちの娘の事を気に入っているらしく、体育の時間や図工の時間など一緒に学習する時の予備に行く係になっているようです。もし、娘が発達障害や学習障害のある子たちを自然に受け入れることが出来る子ならば、将来はそういう仕事につけるかもしれないと考えています。